2010年3月28日日曜日

古代シリアの五個口の壺

こちらのHP、日本の歴史について・その5
で紹介した五個口の壺が
古代シリアでも見つかっていたのです
これには驚きました


これがそうです
ハマ出土とされていて、時代は紀元前2世紀
巾約18cm、高さ約20cm
HPで述べているように
これと同様の壺が古代南インドと
弥生時代の日本の遺跡でも出土しているのです






これは南インドの墓から出土したもので
楽器を模した副葬品とされています
高さ約40cm





これはインドで今でも使われている楽器です
こちらの方が古代シリアから出土したものと
似ていますか・・






こちらは福岡県のスダレ遺跡から
出土した弥生時代の壺です(高さ約40cm)
形状から子持ち壺と呼ばれているものですが
用途は不明とされています

こちらは口は六個ですね

以上のことから
古代の製鉄
 その17」で述べたように
古代メソポタミアから南に伝わっていったものに
五個口の壺も含まれていたということになります

2 件のコメント:

R さんのコメント...

なんだか見ているだけでわくわくしてきます。
Kiyondさんは、もっとわくわくなさっているのではないでしょうか?(^m^)

kiyond さんのコメント...

コメントおおきにです。
まだ他にもわくわくする発見があったのですよ。
それはまた明日以降紹介しますね。