2010年11月28日日曜日

滋賀県出土の手焙り形土器 その2

下に紹介した地図の黒い点で示されているところは
古代の製鉄関連の遺跡です
時代は古墳時代から平安時代まで確認されているようです
鉄の原料は地元で採れる鉄鉱石を
使ったものとされています

遺跡は、滋賀県の中央部を占める

琵琶湖参照)の西側 に集中していますが
その地域は天日槍が通ったとされるルートと
合致しているのは興味深いところです
因みに、天日槍が渡来してきたとされる時期は

5世紀~6世紀前後という説が有力です

志賀町史から部分転載

(高橋一夫氏「手焙形土器の研究」から部分転載)
さてこちらの図は、弥生時代から
古墳時代にかけて使われていたとされる
手焙り形土器が出土している所ですが
琵琶湖の東側に集中しています
時代は上に紹介した製鉄関連の遺跡よりも
古いということになりますが
この違いは文化圏の違い
あるいは民族の勢力圏の違い
としか考えられないのです


(赤塚次郎氏による「東海系文化の拡散」より部分転載)
そう思いながら、たまたま目を通していた
「三国志がみた倭人たち」という本に
その文化圏の違いを

図示したものが載せられていたのです

これは青銅製の鏃(やじり)
多くの穴が開けられた
多孔銅鏃というものと
S字(かめ)A類と云われる土器の出土地が
示されている図です(●が土器の出土地)
こうして見ると、先に紹介した
手焙り形土器の出土地と
重なっていることが分かります


8 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

銅鏃とは面白い着眼点ですね。
その時期九州では鉄・青銅・石が同じ地層から発見されていますが九州以外では銅鏃が主で、時代確定の一つの指針にもなっています。
単純に貫通力や飛距離を伸ばすだけなら、円錐状にすればいいのですが、あえて鏃の中に自分の部族の印を鋳込む美術性を取り込むところが素晴らしいと思います。
前に3枚矢羽の甲型乙型をご紹介しましたが、この形状は矢を回転させてまっすぐ飛ばし、貫通力を増すための工夫です。
多孔同鏃の場合はたぶん2枚もしくは4枚矢羽ではなかったろうか?
そして、殺傷力よりも自分の部族の印の意味が強かったのではなかろうか?

            源 信正

kiyond さんのコメント...

銅鏃の穴が「部族の印」というのは納得できますね。
銅矛にも矢羽状の模様を入れたものがありますが
これなども「部族の印」かもしれませんね。

匿名 さんのコメント...

http://www.pref.yamanashi.jp/kouko-hak/standing/jousetu_mamechisiki.html

山梨県の博物館のサイトです。
S形甕のほか焼き物について面白い説明が載ってます。
こんな風に学校の教科書にのってたら、歴史の授業ももっと楽しくなると思います。

         源 信正

kiyond さんのコメント...

ご紹介のサイトで東海地方の方墳について触れられていますが、
方墳は銅鐸をもたらした民族が築造したものという説もあります。
福島県清戸追横穴に見られる壁画には隼人紋が描かれていたりしますがそうすると、隼人族は銅鐸民族とも関係があるということになります。
この勢力が、東海地方から山梨県を経て東北地方まで広がっていったということになれば興味は尽きません。
時代は古墳時代の6世紀頃と思われますが
佐藤矩康氏が指摘しておられるように
東北から北海道の古墳から、正倉院に見られるような
横刀(たち)や黒作大刀(くろつくりのたち)、
それから蕨手刀(わらびてとう)が数多く出土しているのです。
これらは、東北地方の舞草(もくさ)鍛冶の
源流であるのかもしれません。

匿名 さんのコメント...

http://www.mahoron.fks.ed.jp/pdf/kiyou2001_6.pdf
黒作大刀を調べてたらこんなのが出てきました。
復元にはかなりの想像力が必要ですね
    
     源 信正

kiyond さんのコメント...

たいへん興味深いです。
拵えの金具を加工する際に焼きなましを行いますが
こういったときに手焙り形土器が使われた可能性は
あるように思います。
それから、ロウ付けとか・・

先日、兵庫県立歴史博物館に足を運びましたが
古墳から出土した刀装の復元品が多く展示されていました。
何気なく見ていましたが、それぞれに多くの苦労があったのでしょうね。

匿名 さんのコメント...

弩に関する考察。
矢の復元において2枚羽根を採用しているということは、弓は弩を使用していると考えられます。
相手が弩を使ってない場合こちらが矢を放っても相手はその矢を再使用できない、また、熟練した技術を持たない農民兵が使用でき、遠矢ができるメリットがある反面、二枚羽根は精度に欠け、連射速度が落ちます。
農耕技術が発達し兵士予備軍を持つことができる裕福な部族のみが使用できるといえます。
手間のかかる銅鏃を作れるということも同じ意味だと考えられます。
平野を領地とし食料生産が可能で、山間部で銅山を持つか交易で手に入れることができる部族ということができると思います。
     源 信正

kiyond さんのコメント...

御説、たいへん説得力があります。

三国志に記されている東夷伝の東夷は
当時の中国からみた自国以外の国の一つですが
東夷には日本も含まれていたようです。
とくに九州を中心とした西日本だったのだと思われますが
倭人はそれに含まれる一部族だったようです。
この「夷」の字は大という字と弓という字の組み合わせですから
大きな弓を使う部族であったという説もあります。
そうすると、夷を使う西日本の勢力と琵琶湖を挟んだ
東側、東海地方の青銅の鏃と弩を使う勢力の争いが
あった可能性も考えられますね。