2015年7月20日月曜日

山芍薬の実、そして産地不明の中砥二種

ついに山芍薬(ヤマシャクヤク)の実が開きました
時期がちょっと早いような気がしますが・・




鉢植えの方は
まだまだ、といった感じです



こちらは新たに手に入れた産地不明の中砥、二種
水に濡れていない状態
白い方は群馬県南牧村産の砥沢・虎砥(沼田砥)と思われ
褐色の方は同じく群馬県産今戸・虎砥(沼田砥)と思われます
こちらは山梨県産の羽黒砥にも似た感じがありますが
同定は難しいところです・・


水に濡れた状態。水を含むと、右のものは
羽黒砥のような雰囲気もあります


右端は手持ちの今戸・虎砥
これは産地がはっきりとしているもの
その左は今回手に入れたもの
今戸・虎砥は沼田砥の層の上部とされ、
風化が進んで柔らかめのものが多いということです
この下に瓢箪沼田砥(参照)と呼ばれるものがあり
その下の層は白く硬いものが採れたということです

左から二番目は砥沢・虎砥、これも確実なもの
左端は今回手に入れたもの


寸八鉋で試し研ぎ
よく反応しますが、黒い点状のところが
ガリガリと当たります


かなり荒い傷が付き、荒砥といった感じ
沼田にはよく見られる傷の付き方ですが
ここまで荒いものは初めて見ました


砥沢・虎砥と思われるもの
これもよく反応し、心地よく研ぐことができます
砥汁もなかなか良い感じです


沼田砥としてはかなり良い状態の研ぎ上がりで
これは即戦力として充分使えます


0 件のコメント: