2016年6月10日金曜日

杉山泰平氏の陶工房 涓々窯

行きつけの理髪店の店長さんから
涓々窯という陶工房が近くにあるよ
と教えてもらったので、さっそく行ってみた
ここから3kmほどしか離れていない・・
近いではないか・・

15年ほど前に工房を構えたということですが
近くは何度も通っているものの
山道を少し入り込んだところなので
これまで気が付かなかった

カフェ・テラスもある、ということだったので
ちょっとコーヒーでも・・と思って訪ねたが
テラスから眺められるように、と植えた花々が
イノシシ、鹿にあっという間にやられてしまった
ということで、現在はやっていないということでした

それでも展示されている作品は
すばらしいセンスで、目が奪われました
手持ちも心地よく、軽く、バランスもよい
同じものでも工房によっては重さやバランスに
バラつきがありがちですが
ここのものはほとんど気になりません

価格も驚くほどリーズナブル


食器以外にも
オブジェ風の作品も展示されていましたが
これらもセンスがよく、素晴しいものばかりでした

風化した真柏の樹皮のような存在感が素晴しい

一緒に行った知人が
杉山さんの足元に埃Hokoriを被って
置いてあった作品を目ざとく見つけた

鷲Washiの爪か・・と一瞬思ったが
龍の指らしい・・
三本指の龍は日本のものですね・・と口にすると
そうなんです、干支Etoに因んだ作品なんです
という返事
辰年Tatsudoshiですね・・
これは、いちおう一輪挿しなのだそうです・・
それにしても凄い存在感・・
これはさっそく購入しました

そして申年Sarudoshiの作品も


工房に持ち帰って化石と並べても
存在感は負けていない・・素晴しい

黒檀Ebonyで台を作り

このように・・

そしてあの一輪挿し・・


須藤さんの龍頭Ryuzuとツーショット

縄文土器の欠片Kakeraと一緒に・・

素晴しい!

0 件のコメント: