2017年2月11日土曜日

牛骨の板フレットを作る

磨耗したフレットを交換する19世紀ギター
楽器は19世紀初頭のフランス、ミルクール製
美しい

1フレットから8フレットまで交換する
フレットの素材は牛骨ということが判明
以前の修理で合成接着剤が使われていて
熱や水分で剝すことができなかったので
削り取ることにした

牛骨の板状フレットを作っていく


鋸ヤスリが大活躍



ヤスリで厚みを仕上げているところ

8フレットを入れたところ
後に外すことも考慮して
牛骨の板フレットはごく軽く打ち込み
熱や水分で軟化する接着剤で固定しておく
使った接着剤はコニシボンドのハイスティック

0 件のコメント: