2017年5月30日火曜日

工房の様子 次の製作に取りかかる

次の製作に取りかかりました
ラプレヴォット・タイプ
弦長620mm、Suzuki音律
そして特注マンドラ(以前製作したマンドラ

ラプレヴォット・タイプは裏・横板には
タブノキ材(レッド系)を使います
大きな波状の杢が入っていて
おもしろい木目です

響板は30年以上寝かせたドイツ・スプルース
タブノキとの相性を考慮して
反応の良い堅めの材を選びました
こちらにも大波状の杢が入っています

接着面を仕上げているところ
杢部分は強烈な逆目です

周囲の厚みを決め

膨らみを仕上げていく

こちらはマンドラの背面リブ
こちらも同じタブノキ材を使います
重厚な雰囲気に仕上がると思います

響板は、こちらも30年以上寝かせた
ドイツ・スプルース




0 件のコメント: