検索キーワード「大内」に一致する投稿を関連性の高い順に表示しています。 日付順 すべての投稿を表示
検索キーワード「大内」に一致する投稿を関連性の高い順に表示しています。 日付順 すべての投稿を表示

2014年7月17日木曜日

森砥石さん新着情報 試し研ぎのため3丁持って来られました

森龍次商店の森さんが
試し研ぎのため、新入荷砥石を3丁持って来られました
まずはこれ、立派なサイズの青砥です
森さんによると、地元の京丹波亀岡・神前地域
岡花の北山で採れたものだということです


一見、栃木県産の荒内砥のように見えますが
縞の間隔が荒内砥よりは狭く
見分けは付きますが、下手に天然中砥の知識があると
見誤るかもしれません・・
以前紹介したように、茨城県産の大泉砥と
亀岡産の佐伯砥がよく似ている例もありますので(参照
慎重に判断する必要を感じます


反対面の柾目の様子


柾目方向に細かい筋が確認できますが
これは手挽きの跡だということです
かなり古いもののようです


両側の板目面の様子


ほど良い硬さ(やや硬め)で研ぎ面がダレることなく
しかも反応も良いので心地よく研ぐことができます


粒度は#1200といったところでしょうか
はがねに付く傷が浅く、しかも柔らかい地鉄じがね
付く傷に針気がほとんどないのは特筆ものです
私の研ぎの師匠が30年ほど前に
もう丹波の青砥の良いものが無くなった・・
(現在見られるものは針気が多いものがほとんど)
と言っていたほどですから
その当時の優れた青砥の数少ない残りとも言えます
研いだ鉋身は昨日紹介した中野武夫氏が鍛えた
義廣銘の小鉋(身幅4.8cm)


最後に紹介してる画像で
このように刃先が白く磨耗している状態から研ぎました
この青砥で2分ほどで刃の返りが出ました
ですから、強い研磨力があると言えます





次も亀岡産で大内おおち産の仕上砥、巣無しの巣板です


大内産の仕上砥はこれまでいくつか紹介しましたが
小振りながら、その中でも最も優れています


裏面の様子


両側の様子


やや硬めですが、よく反応し
大内産としては珍しく滑らかな研ぎ感です
理想的な黒い研ぎ汁です


研ぎ上がりも素晴しく
亀岡産によく見られる
地鉄に付く粗い傷がこれには確認できません
優れた内曇砥のように研ぎ上がります
鋼もピカリと光るほどに研ぎ上がり
文句なしの仕上砥です
刃物の商品用の研ぎにも向いているのではないでしょうか




さて、最後は京都梅ヶ畑・中山産の巣板です
中山では巣板は採れなかった
という意見もあるようですが
今回は森さんの意見を尊重して中山産巣板としておきます


筋や巣嚢があり、あまり良い状態ではありませんが
冴えのあるカチリとした質感は他にあまり類を見ません


裏の様子


両側の様子


硬口の巣板で、カチリとしていますが
反応よく滑走感も優れています
硬口ながらシャリシャリとした研ぎ感は
中山産と言われれば納得してしまいます・・


巣板独特のやや粗い傷が付きますが
この地・刃の冴えは東物は間違いないでしょう
東物でも、奥殿産の硬口の巣板とは
やや違う研ぎ上がりのように感じます



以上、サイズ、価格など詳しいことは
森龍次商店までお問い合わせ下さい


2015年4月1日水曜日

ネズミ男・・? そして鑿・ノミいろいろ

今朝 近くの河原で拾った石
中央の茶色の模様はネズミ男にしか見えない



こちらは、刃物産地である兵庫県三木市にある
内藤商店から届いたもので
三種類の三分追入ノミ
どれもかなり古いものだそうです


銘は左から春峰、鶴菊で内藤商店の問屋銘ということです
右端は大内銘で先代によって鍛えられたものだそうです

大雑把な研ぎ上がり状態ですが
裏研ぎを含め20分ほどで三本を研ぎ上げたのでご勘弁を・・
とりあえず切れるようには研ぎました




鋼はどれも炭素鋼です


刃角度は上から春峰銘・約27度、鶴菊銘・約29度、大内銘・約30度
刃角度が違っていても
それぞれの切れ味はよく分かるのがおもしろい


仕事で使ってみました
この作業は特に刃物の切れが要求されます
これは刃角度27度の春峰
ここでは裏を当てて削っていますが
鎬面を当てて削るには
これくらいの角度が使い易い


これは刃角度29度の鶴菊銘
このように鎬面を当てた削りではもっと低い方が使い易い
この部分は左手を使っていますが
私は本来左利きなので問題なく行えます


大内銘のもので、刃角度は30度ありますが
切れが軽く大変使い易い
これは充分仕事で使えます

ただ、鋼の鍛接の状態を見たら買わないと思う・・
切れれば問題ないことなのですが
選ぶ段階では切れのことまで分からないので
鋼の鍛接の様子など見栄えが悪かったら
どうしても避けてしまうのですね・・



これは手許にある小山金属製の
いつもは上の作業は右端の三分(9mm幅)の
追入ノミを使うのです


今回、上の3丁の追入ノミと使い比べてみましたが
やはりハイブリッド全鋼のものが
最も切れが軽く、使い易いのです
これには驚いてしまいました・・

さらに付け加えますと
上の内藤商店の問屋銘である
春峰銘と鶴菊銘は小山金属製なのでそうです
ということは、小山金属の刃物製造技術は
確実に進歩していると言えるのではないでしょうか

小山金属は量産メーカーとなっているようですが
量産体制でここまで優れたものを作り上げることができる
というのは、現代技術の優れた部分と言えるのでは・・
鋸は完全にそうなっています


因みに、バイディングを入れるための横板の削り取りには
このフィッシュテール・ノミ(15mm幅)を使っています


これも手頃な価格のものですが、よく切れます
やや研ぎにくいのが難ですが・・

2014年11月29日土曜日

天然砥石の産地 京都府亀岡市

刀剣仲間が江戸時代の地図データがあったからと
持ってきてくれました(天保八年・1837年のもの)
ありがたい


11月26日に紹介した森砥石さんの所在地は
どうなっているのか、と思い
見てみたが、細かいところまでは記されていない


そういえば、以前同じような地図を買った覚えがある・・
ということで探し出したのがこれで
寛政十一年(1799年)のもの
こちらはさらに詳しい地名が記入されていました
赤丸で囲んだところは砥石の産地
南から、佐伯(さえき)は中砥の佐伯砥が採れた所
その上の宮川は青砥の産地
宮川の下(南側)の猪倉では佐伯砥が採掘されていたようです
宮川の上の大内は砥取家さんがあるところで
こちらのブログでも紹介したように大内産の仕上砥
以前は採掘されてたということです
大内の東に記されているのは神前(こうざき)
森砥石さんの地元で、岡花、北山など有名な青砥の産地ですが
26日に紹介したように
以前は仕上砥石も採掘されていたということです
神前の北に記されている池内(池ノ内)と室河原(室川原)も仕上砥の産地で
その右にあるのが仕上砥の産地、八木嶋(八木ノ嶋)です
現在では八木ノ島と表記されています





大きな地図で見る

上に紹介した古地図とほぼ同じ地域の現代地図



参考までに、これはここ丹波篠山地域
当時は笹山と表記されていて
これが最初に紹介した天保八年の地図では篠山となっています


2019年1月29日火曜日

優れた西物仕上げ砥石

地元の方の協力を得て
昔採掘されていた砥石山を見学



採取させて頂きました

京丹波産(西物仕上げ砥石)


試し研ぎ動画 

ハイス鉋を研いでみてビックリ
こちらは上の画像右のもの

そして左のもの
こちらの方が研ぎ感は滑らかで
研ぎ上がりも緻密です
砥ぎ疵はやや粗めですが
ハイス鉋がこのように
全体が美しく砥ぎ上がる仕上砥は
手許には他にありません

側の様子

砥ぎに使った砥石
画像左から人造砥石・研承1000→
伊予砥(中砥)→今回採取した仕上砥

京丹波産の他の産地の仕上砥と
比較してみました
左の二枚が今回のもの
その右は亀岡・大内産
右端は園部・池ノ内産
上は園部・八木ノ島産

大内産でハイス鉋を研いだ状態
画像では分かりにくいですが
今回採取したものよりは
砥ぎ疵がやや粗めで
地・刃ともに研ぎ上がりに
ムラがあります

これは池ノ内産
こちらも研ぎ上がりに
ムラが見られます

そして八木ノ島産
こちらも同様で
今回採取したものとは
研ぎ上がりが、ずいぶん違った
印象を受けます

次に東物と比較してみました
右は仕上砥氏の名門
梅ヶ畑産の戸前です

研磨力が強い影響か
鋼(刃)が黒く研ぎ上がっています
研ぎ上がりのムラも
かなりあります

撮影の角度を変えてみました
砥ぎ上がりのムラが顕著です

こちらは今回採取したもの
地・刃ともに均一に
しっとりと研ぎ上がっています
砥ぎ疵はやや粗いものの
日本刀の古刀のように
美しく研ぎ上がっています

砥ぎ上げたハイス鉋を
仕事で使ってみました
黒檀削り