2009年8月4日火曜日

ついでにギターの裏板を・・

ギターの裏板は表板より硬い木を使います

これはローズウッドという木です
硬い木を削る鉋は、表板のように柔らかい木を
削る鉋とは違ったものが必要となります
上の画像の左の小さい鉋は荒削り用のもの
鋼は超特殊鋼(燕鋼)が使われています
右の仕上げ用の寸八鉋は、粉末ハイス鋼のものです
どちらの鋼も強靭で切れ味がよく、永切れします




この画像は荒削りの状態です
ローズウッドは逆目が細かく入り混じっています




この逆目を仕上げ鉋で止めてしまいます




これでほとんど逆目がなくなりました
こうしておくと、音作りも含めて
後の作業がたいへん楽になります
特に、私は木の肌を生かしたニス仕上げを行いますので
この作業は重要なのです
スクレーパーやサンディングでは手間がかかってしまいます

0 件のコメント: