2010年3月9日火曜日

三田市から碧玉出土

兵庫県三田(さんだ)市の三輪餅田遺跡
管玉(くだたま)加工途中と見られる
碧玉(へきぎょく)発見されました

時代は弥生時代中期(約2千年前)ということで
専門家によると、原石を石鋸(のこ)などで
傷を付け角柱状に割ったものだということです

そしてこれは、以前の随想でも紹介した
神戸市の雲井遺跡から出土した碧玉加工品です
参照(この頁の二段目)
神戸市と三田市の位置関係は
このようになっています(地図参照三田市では翡翠(ひすい)で作られた
勾玉も出土していますが(参照
新潟県の糸魚川(いといがわ)で産する
この翡翠がどのようなルートで兵庫県南部まで
運ばれたのか興味が湧くところです

これは三田市の北隣にある
ここ、篠山(ささやま)市で見付けた碧玉です
新発見の碧玉の記事では
碧玉は出雲(いずも・島根県)でしか産しないとありますが
兵庫県の日本海側にも産地はあります
ここ兵庫県中部の篠山市でも
見付かるのですから
三田市にもある
可能性もあるのでは・・



0 件のコメント: