2012年9月12日水曜日

Antonius Stradivarius 作ギターの図面


9月17日に兵庫県西宮で行われる
西垣林太郎さんのレクチャーコンサート
使われる楽器のうち
ストラディバリ作ギターのコピー楽器(参照)の
図面をデジタル化したものはないか
という問い合わせがありましたので
Web上を探してみましたが
見当たりませんでした
この楽器のオリジナルが収蔵されている
とされるアシュモリアン博物館サイトでも
楽器の図面は販売されているものの
ストラド・ギターの図面のデジタル画像は
サムネールの小さなものしか見当たりません
そういうことなので、以下図面のコピーを
UPしておきたいと思います
原図は古い青焼きコピーなので
線が明瞭ではなく
この画像はそれをさらにコピーしたものです

右クリックで別画面で開くと
大きな画像を見ることができます



















2 件のコメント:

源 信正 さんのコメント...

http://www.ashmus.ox.ac.uk/ash/publications/hill-00.html
ここですか?
キヨンドさんは日本の方から入手されたようですね。
日本語で覚書が書かれています。
しかし400倍で拡大しても数字が見えないとは・・・・

kiyond さんのコメント...

お、ありましたか!
ありがとうございます。
しかしサムネイルで画像が小さいですね・・
この図面の書き込みは私です・・
もう30年ほど前に、博物館から手に入れた知人から譲ってもらったものです。
その頃は青焼きコピーだったのですね・・