2013年11月26日火曜日

江戸時代の彫り物師 中井権次一門について

江戸時代に兵庫県丹波市柏原かいばらで活躍していた
彫り物師、中井権次一門についての講演が
11月16日に当地にある丹波新聞社で行われたので足を運びました
講師は以前紹介した岸名経夫氏
会場となった丹波新聞社


今回は中井家11代当主もお見えになり
所蔵の彫刻作品も持参されていました


これは先代によって描かれた線画
アメノウズメでしょうか・・


丹波新聞社のすぐ近くには天然記念物の木の根橋があります




YouTubeに動画をUPしました





木の根橋は柏原八幡神社が鎮座する山の麓にあります
ここは鳥居近くにある拝殿
ここには中井権次一門による狛犬が置かれていました


小さいながらも迫力に満ちています


鳥居をくぐり、長い石段を登り切ると
社殿が見えてきます


境内の奥には三重塔が聳えています
これは中井一門が寺社大工として柏原藩に迎えられた後
江戸時代中頃に建てたとされています


社殿には中井一門による彫刻が多く見られました










西日が当たって幻想的・・



0 件のコメント: