2014年3月27日木曜日

日本刀関連の本を入手

日本刀に関する本を新たに3冊手に入れました
まず、画家「かつきせつこ」さんによる絵本
対象は鎌倉時代の日本刀作りの技法を
ほぼ手中に収めたとされる刀工・松田次泰氏


それから研ぎの立場から日本刀の謎に迫る
刀剣研ぎ師の倉島一氏による「日本刀 謎と真実」

倉島氏による鎌倉時代の名刀の反りの考察は特筆ものです
一言で言えば当時の名刀の反りの多くが懸垂線に依っているというもの
これは日本の建築物の屋根の反りなどにも取り入れられているものです
このことと、西洋の楽器などがフィボナッチ数列による
黄金比に依っていることが多い
ということに共通したものを感じます

一般的に、日本刀を焼入れすると刀身が反ると言われていますが
先に紹介した松田氏の焼き入れでは
刀身は反らないのだそうです(そういう技術がある)
このことから、鎌倉時代の名刀の反りも焼入れによる偶然の反りではなく
刀匠による意図どうりの反りであると松田氏は主張されています
このことはたいへん興味深い・・



こちらは日本刀の科学的研究の先駆けとも言える
俵国一氏による「日本刀の科学的研究」
こういった研究書が戦後間もない昭和28年(1953年)に
出版されているということに驚いてしまいます


装丁は当時一世を風靡した版画家の棟方志功




出版当時の俵国一氏近景
出版された当時、氏は82歳だったということで
この研究は明治39年10月から大正13年の10月まで
18年間行われたということです

松田次泰氏によると
この研究書は現在の日本刀の世界では
ほとんど無視されているということですが
松田氏にとっては、この本に書かれてあることは
鎌倉時代の日本刀作りの方法そのものなのだそうです
 

この研究にあたって、当時の鑑定家・本阿弥光遜氏の
監修の下で刀匠・笠間繁継氏が実際に作刀に携わったということです


研ぎについても砥石と研ぎ傷の写真を交え
詳細に記されています










2014年3月23日日曜日

工房の様子と犬の散歩の様子

昨日の夕方の様子
YouTube動画UPしました





こちらは作業の様子
製作中の特注小型モダン・タイプ弦長630mm























2014年3月19日水曜日

天然の酢と黒水晶

熊本県の黒水晶を採掘しているという御方から
黒水晶と天然産の酢を頂きました
手前が黒水晶で
ペットボトルに入っているのが天然の酢
水晶を探しているときに見つけたそうで
岩窟の岩からポタリポタリと垂れているのだそうです
これだけの量を集めるには
かなりの時間がかかっているのでしょう・・
味は酸味と苦味と旨味以外に何とも表現できない
爽やかさのようなものを感じます
生まれて初めての味わいで貴重な経験をさせてもらいました
居合わせていた森砥石さんも
こんなん始めてや、と目を白黒させてました・・

天然の酢と聞いて連想したのは
ここ篠山の隣、三田さんだ市藍本にある
酒滴さかたれ神社です(参照下さい
この神社の説明板では、平安時代に疫病が流行った際に
素戔男尊スサノオノミコトの化身である童子のお告げがあり
村人が山に登ってみると岩窟から天然の酒が垂れていて
これを病人に飲ませるとたちまち治ったとされています
また、その後約200年後にも疫病が流行し
そのときには仙人による同様のお告げがあったとあります

この天然の酒が今でも垂れているのかは分かりませんが
熊本県で天然の酢があるくらいですから
天然の酒があっても不思議ではありません・・







2014年3月14日金曜日

森龍次商店 天然砥石新入荷情報 

森砥石さんが試し研ぎのため
天然仕上砥石を持って来られました
まずこれは京都梅ヶ畑・奥殿おくど産の白巣板


研ぎ面の様子


反対面の様子


両側の様子


硬口の最終仕上げ用ですが
滑走感よく心地良く研ぐことが出来ます


硬口ながら研磨力があり
粒度#1200ほどの青砥の傷が
3分ほどでここまで消えました
青砥の傷がやや残っていますが
地鉄、鋼ともにほぼ鏡面に研ぎ上がり
奥殿産によく見られる、地鉄に細かい傷が付く
とうこともありません
優れた最終仕上げ用の砥石です



次は産地不明の仕上砥
東物(京都梅ヶ畑産)の顔をしていますが・・


研ぎ面の様子
同色の荒めの梨地になっています


反対面の皮の様子


両側の様子
手挽きの跡が見られます


硬めの石質ですが良く反応し
滑らかな研ぎ感です


研ぎ上がりは地・刃ともに曇ります
見た感じと研ぎ感は東物の印象を受けますが
研ぎ上がりは丹波物のような感じです・・
謎の仕上砥です・・

以上、サイズ、価格など詳しいことは
森龍次商店までお問い合わせを

2014年3月10日月曜日

画像いろいろ 川面の渦 夜光貝に蔦 鉋とカバ


二日前にYouTubeにUPした動画
画像を紹介しておきます

朝の犬の散歩でよく通る篠山川の堰です(午前8時頃)
雲一つない晴天で、日光が水底に達し
水面の渦が映っているのです
思わず息を呑み、しばし見とれていました・・
犬の散歩そっちのけで、急いでカメラを取りに・・
迷惑なのは御犬さま・・


これは数年前の写真ですが
動画撮影した位置はこの手前になります


これも数年前のものですが
堰の川下にある弁天橋から望む厳島神社




話は変わって
これは先日猪名川の道の駅で売られていた蔦・ツタ
これで金輪寺茶入が作れないものかと・・
ちょっと細いかな・・
使えそうにない曲がったところを切り取って


夜光貝の貝殻に差し込んだら
ぴったり・・


生きているよう・・




またまた話は変わって
これは先月撮った写真


いちどに多くの鉋を研ぐときにはカバの手も借りたい・・の図 

2014年3月5日水曜日

森龍次商店 天然砥石新着情報

森砥石さんが新入荷砥石を
試し研ぎのため持って来られました
まず、この厚みがタップリとある内曇砥(天井巣板)
産地は同定できませんが
側には手挽きの跡が見られ
たいへん古いものと思われます


研ぎ面の様子
全面に蓮華が入っています


裏面の様子


両側の様子
手挽きの跡が見られます


程よい硬さで良く反応し、強い研磨力があります


鋼はピカリと光るほどに仕上がり
地鉄の肌がクッキリと現れます
刀剣研ぎの内曇砥(刃砥あるいは地砥)としても
充分使えるのではないでしょうか

鉋身は古い国行銘寸八(鋼は東郷鋼と思われます)
この前段階の研ぎは粒度#1200ほどの
京丹波亀岡産青砥を使いました
以下同じです



これも同じ産地のものと思われる内曇砥(天井巣板)


研ぎ面の様子
こちらは赤い紅葉が確認できます


裏面の様子


両側の様子
こちらも手挽きの跡が見られます


上のものよりもやや硬めですが
同様によく反応し、強い研磨力があります


研ぎあがりは同様ですが
こちらの方が地鉄に付く傷が細かい感じです



次は大平産の戸前


研ぎ面の様子
雑味が一切ない上質の仕上砥です


裏の様子


両側の様子


硬めで反応がやや鈍い感じがあります


中研ぎの青砥から
いきなりこの仕上砥では無理があったので
上の内曇砥で研いだ後に研ぎました
ご覧のように鋼は鏡面に、地鉄は肌がクッキリと現れますが
地鉄にやや荒い傷が付きます



次は京都梅ヶ畑・中山産の戸前と思われる合砥


研ぎ面の様子
下部に筋が横切っていますが
当たることはありません


裏面の様子


両側の様子
厚みの中央部に異質の層が見られます


硬い石質ですが良く反応し強い研磨力があり
硬い中にも中山産独特のサリサリとした
研ぎ感があります


研磨力があるので青砥の次い使いましたが
このように鋼は鏡面に
地鉄は肌がクッキリと現れます
(やや青砥の傷が残っています)



最後に、これも中山産の戸前と思われます


研ぎ面の様子
筋は当たりません


裏面の様子


両側の様子


硬口ですが強い研磨力があり
研ぎ感に滑らかさがあります


これも青砥の次に使いましたが
青砥の傷がほぼ消えています
文句なしの研ぎあがりです
これで3分ほど研いだ状態です

以上、サイズ、価格など詳しいことは
森龍次商店までお問い合わせを