2014年12月16日火曜日

黒媛山青砥


こちらは今回手に入れた黒媛山青砥
というラベルが貼られた中砥


鎌砥サイズ(長さ12cm、幅4.5cm、厚み2.7cm)の
小さなものですが始めて目にする砥石なので入手してみました




石質は丹波の青砥とはずいぶん違った感じで
五十嵐砥会津砥が濃い色になったような印象を受けます

詳しいことをご存知の御方がいらっしゃいましたら
ぜひ御教示お願い致します


板目と思われる面で研いでみました
カチッとした程よい硬さで研ぎ易く
強い研磨力があります
砥汁が邪魔にならないのもいいですね


粒度は#800ほどで、砥目がよく揃っています
また、鋼に付く傷が浅いので後の研ぎが楽に行える感じです


こちらは柾目と思われる面


研いだ感じはほとんど変わりませんが


こちらの方がやや荒く深い傷が付きます
研ぎ感は変わらないので
研ぎ傷が浅い板目面を使った方がいいように思います



仕上砥ぎは前回紹介した
丹波亀岡・神前(Kouzaki)産の戸前を使ってみました


1分ほどで鋼の傷はほほ消えました


地鉄(じがね)にはやや荒い傷が付いていますが
鋼(はがね)はピカリと光るほどに研ぎ上がっており
これで充分仕事で使えます

0 件のコメント: