2015年2月4日水曜日

羅生門銘・寸六鉋を仕事で使う

1日に紹介した羅生門寸六鉋を
仕事で使ってみました
まずギターの響板として使う、30年ほど寝かせた
ドイツ・スプルースSpruceを荒削り
長年寝かせたスプルースは
木細胞中のミネラル分の結晶化が進んでいて
刃先が磨耗しやすいのですが
この鉋はほとんど変化はありませんでした
これには驚きました・・

次にギターの裏板として使うメープル材Mapleを荒削り

荒削りながら、逆目はほぼ止まっています

ギター1台分の響板と裏板を荒削りしましたが

刃先はまだまだ健全です
通常の鉋でしたら、この時点で
切れが止むものがほとんどなのです・・

刃の研ぎ角度は約26度
刃先部分をややハマグリに研いでいるので
実質は27度位はありそうです

さらにギターのネック材として使うセドロ材を荒削り

セドロ材は石気を含んでいるので
これも刃先が磨耗しやすい材なのですが

さんざん荒削りをやり
刃先はさすがに白く磨耗していますが
まだ切れは止んでいません
かなりの永切れです
これで価格が¥12000程度というのには
まったく驚かされます・・

その後、深い逆目のローズウッドを
荒削りしてみました

荒削りながら、深い逆目もほぼ止まっています
文句なし

2 件のコメント:

이충훈 さんのコメント...

좋은 대패를 소개해 주셔서 감사합니다.
이 글을 보고 저도 羅生門 65mm 를 구입해
사용해보았습니다.
말씀하신 것 처럼 매우 만족했습니다.
항상 많은것을 보고 배우고 있습니다.
건강하시고 평안하시기를 바랍니다.

良い鉋を紹介してくださってありがとうございます。
この文を見て私も羅生門 65mmを購入して
使用してみました。
おっしゃったように非常に満足しました。
いつも多いのを見て学んでいます。
元気で平和・・・することを望みます。

田中清人 さんのコメント...

이충훈さん
コメントをありがとうございます。
こちらのブログがあなたのお役に立つことができ、
たいへん嬉しく思います。
どうぞ今後とも宜しくお願いいたします。