2016年1月23日土曜日

千代鶴是秀作 藤四郎銘六分ノミ 削り比べ

これは数日前のものですが


藤四郎銘組鑿の六分(約18mm)と
同じ幅の薄ノミ(弘正銘)で
削り比べをやったものです



他の幅のものと同様
切れに独特の粘りと
コントロール性の良さを感じます

弘正銘は特殊鋼(ヤスキハガネ青紙か)ですが
切れに鋭さはありますが
ややザラ付きを感じます
その分、藤四郎銘に比べるとコントロール性に劣ります
それでも手持ちの中ではトップクラスの切れなのです



刃角度はどちらも約28度

0 件のコメント: