2010年10月14日木曜日

隼人紋と猿田彦

下の写真は、ベトナム ドンソン文化(紀元前300~紀元100)の遺跡から
出土したとされる青銅製の鐘です。高さは11cmほどで、
以前紹介した滋賀県出土の小型銅鐸のレプリカ(参照)と
ほぼ同じ大きさです。ドンソン文化の青銅技術を持った民族が
日本に入ってきて、弥生時代の銅鐸を作ったのではないかという説
がありますが、この鐘は銅鐸のルーツと言えるものなのかもしれません。
興味深いのは、この鐘に鋳込まれている紋様ですが、

これは隼人紋と同じなのです。隼人紋はHPで紹介(参照:九段目)して
いるように、縄文時代から見られるので、その頃から隼人系民族が
日本にやって来ていたということになりますが、紹介した青銅製の鐘が
事実ドンソン文化のものだとすれば、サルタヒコも隼人族と
関係があるということになります。
古代筑紫国
(福岡県)は猿田国と呼ばれていたという説もありますが、
それ以前には九州全体が猿田国だったという説もあります。
先日紹介した鹿児島県霧島市の高千穂峰山頂に刺されている
「天の逆鉾」にサルタヒコと思しき顔が付いているのは、
その説を裏付けるものなのかもしれません。
そして高千穂峰の西に位置する阿多隼人の地こそ、最初に
サルタヒコが九州に基地を構えた所なのではないでしょうか(参照)。





0 件のコメント: