2012年4月25日水曜日

浄教寺赤砥と思われる天然中砥


You TubeにUPしている
浄教寺(じょうけんじ)赤砥と思われる天然中砥に
関する動画の画像を紹介しておきます

これは最初の動画で砥石をカットしたところ。
この砥石は砥石関連の知人から紹介してもらった
美術日本刀鍛錬研磨柳田研究所からお世話になったものです。
そこでは赤常見寺砥として紹介されていますが、おそらく昔、浄教寺赤砥として
福井県から産出していた砥石だと思われます(参照) (参照その2)。
手許に届いたものは大きな塊りで、重さはほぼ4kgありました。
砥石を固定して研ぐ場合には大きな塊りは便利ですが、私はあれこれと
砥石を取り換えて研ぐので、あまり大きいと不便なのです。そういうことなので、
厚みを半分にカットすることにしました。
カットする道具は直径10cmのダイヤモンド・ディスクを装着した
ディスク・グラインダーしか持ち合わせていないので、
これで切れるところまでカットし、あとは石切り用の手鋸を使いました。


半分にしても厚みは4cm以上あります
幅8cm、長さ22cm


水で濡らすと赤さが増しました


やや硬めのものを選んでもらいましたが
よく反応し、研磨力もあります
よく反応する他の天然中砥のように砥泥は
邪魔にならず心地よく研ぐことができます


粒度は#600~800といったところでしょうか


やや砥目にムラがありますが
研ぎ傷は浅いので一般的な刃物を
研ぐ分には問題はありません


動画で次に使っているのは
丹波亀岡・岡花産青砥
粒度は約#1200
これまで青砥はかなりの数を使ってきましたが
この青砥はその中でも研ぎ易さと
粒度の均一性はトップクラスです
こういった青砥には今ではほとんど
お目にかかれません


そして三河中名倉のボタン層で
青砥の傷を消していきます


仕上げ研ぎの最初は
京都梅ヶ畑・中世中山産の
やや粗めの仕上砥


そして今回「さゞれ銘砥」から新たに手に入れた
最終仕上げ用の中世中山仕上砥


この砥石は玉鋼とは
あまり相性がよくありません


これは以前入ブログで
紹介したことのある寸六鉋を研いだもの
この鉋身にはよく反応します




2 件のコメント:

k1 さんのコメント...

初めまして。
いつも楽しくブログと研ぎ動画を拝見させてもらってます。

石切り鋸なるものがあるんですね。ちょうど手持ちの砥石に切り分けたいものがあり、どうやってよいのやら…と考えていたところでした。さっそく探してみようかと思います。

kiyond さんのコメント...

コメントありがとうございます。
お役に立つことができ嬉しく思います。
私は近所のホームセンターで購入しました。