2012年10月23日火曜日

笠堀砥で清弘銘の鉋身を研ぐ

今回手に入れた
新潟県産中砥を使って
清弘銘の鉋身を研いでみました

この中砥は日本刀を研ぐ際の
改正名倉砥ということです
改正名倉砥は山形県産のものしか
私は知りませんでしたが
この産地は新潟県三条市笠堀
地元では笠堀砥と呼ばれ、昭和37年(1962年)まで
採掘されていたということです


福島県産の会津砥と比べてみました
会津砥には白系と青系がありますが
写真右は青系の会津砥です
色あいや硬さの感じはよく似ていますが
質感は左の笠堀砥の方が
やや粒子が粗く感じます


目がよく締まっているので
#600ほどのダイヤモンド砥石で
目起こしをし、研ぎ始めましたが(動画参照
よく反応し、研ぎやすく強い研磨力を発揮します


この砥石の前に使った戸澤・虎砥の研ぎ傷を
あっという間に消すことができました
粒度は#2000以上ある感じです


これは動画で最初に使っている
群馬県戸澤産の虎砥(粒度約#800)





仕上げに使った京都梅ヶ畑・中山産の戸前


ザクザクと研げ強い研磨力があるにもかかわらず
鋼はこのように鏡面に仕上がる
文句なしの仕上砥です



清弘銘の鉋については
こちらを参照ください









2 件のコメント:

源 信正 さんのコメント...

名倉砥石がお弁当箱に入っているように見えるのですが、これは、刀剣用の凸形を平面に刷り込んだためですか?
先日メールした3ミクロンへの挑戦はいかがでしたか?

kiyond さんのコメント...

手に入れたときからこの状態でしたが
おそらく、おっしゃるように刀剣用として
整形されたものを修正したものかもしれません。
メールの件、気が付きませんでした・・
見落としはなかったと思いますが・・
3ミクロンは鉋の薄削りのことでしょうか・・?
一桁ミクロンの薄削りをするためには鉋の台から刃の研ぎまで
仕事で通常使っているものでは無理ですね。
それからそれ専用の木材も持っていませんし、
やるつもりもありません。
その労力があったら楽器作りに専念したいところです。