2013年5月3日金曜日

日原大工の棟梁が使っていた国弘銘寸六鉋身を研ぐ


播州(兵庫県南部)日原大工の棟梁が使っていた
国弘銘の鉋身2丁の内
寸六長台の身を研いでみました
YouTube動画UPしました 下地研ぎ 中研ぎ 仕上研ぎ


左が寸六長台の身(身幅67mm)
右は寸三小鉋(身幅54mm)


寸六鉋身、研ぎ始める前の状態


裏押しを終えた状態
裏押しは以前UPした動画と同様ですので


今回の研ぎでは写真撮影は
動画撮影の合間でしか行いませんでした
これは福井県産常慶寺 ・赤砥で
下地研ぎを終えた状態






これは中研ぎ最後の段階
山形県産の硬めの改正砥をかけた状態です


山形県産・改正砥
この前段階は、荒研ぎとしてシャプトン「刃の黒幕」#320→
同じく「刃の黒幕」#1000→福井県産浄教寺(じょうけんじ)赤砥
動画では、最初の研ぎは常慶寺・赤砥で大丈夫と思って
研ぎ始めましたが、思っていた以上に鎬(しのぎ)面を
修正する必要があったので、荒研ぎに戻しました

中研ぎで使った砥石は、最初に荒目の沼田砥(砥沢虎砥、群馬県産)→
中目の沼田砥(今戸虎砥、群馬県産)→
細目の山形県産改正砥(写真上)


この砥石は京都梅ヶ畑産と思われますが
産地までは同定できない産地不明の戸前です
この砥石の前には中継ぎとして
京都梅ヶ畑産中世中山砥をかけました

上下4枚の画像は最終仕上研ぎ後の状態








刃先は問題なく、微塵に仕上がっています

寸三小鉋の研ぎはこちら


2 件のコメント:

藤田 均 さんのコメント...

三木市吉川町の藤田 均です。
日原大工について調査をしています。
日原大工の使っていた鉋の刃を研ぎをされたようであり、是非実物を見たいと念願します。ご配慮お願いします。

田中清人 さんのコメント...

藤田均様
ご依頼の件、所有者に問い合わせたところ
取り敢えず連絡下さい、ということでした。
個人情報をここに記載するわけにはいきませんので
下記、私のHPからEメ-ルで連絡願います。
http://www6.ocn.ne.jp/~kiyond/