2014年7月30日水曜日

徒然草 よき細工は少し鈍き刀を使うといふ・・

有名な徒然草の第二百二十九段(原文
「よき細工は、少し鈍き刀を使うといふ
妙観が刀はいたく立たず」
ということについて白洲正子氏は随筆
「いまなぜ青山二郎なのか」(1991年単行本発刊)で
「「鈍き刀」の意味を今まで私はその言葉どおりに受けとって
あまり切れすぎる刀では美しいものは造れないという風に解していた」
と書き、続いて
「ところがそれでは考えが浅いことを
この投書によって知らされたのである
その手紙の主がいうには、鈍刀といっても
はじめから切れ味の悪い刀では話にならない
総じて刀というものはよく切れるに越したことはないのである
その鋭い刀を何十年も研いで研いで研ぎぬいて
刃が極端に薄くなり、もはや用に立たなくなった頃
はじめてその真価が発揮される
兼好法師はそのことを「鈍き刀」と称したので
「妙観が刀はいたく立たず」といったのは
切れなくなるまでつかいこなした名刀の
何ともいえず柔らかな吸いつくような手応えをいうのだと知った」
と読者からの手紙の内容を紹介している

これを読んだとき、私はそれはちょっと違うゾと思ったので
そのことを出版社を通して著者に一筆したためた

もちろん返事などは来なかったが
その後20年以上経っている現在でも
その時に書き送った内容は間違っていなかったと思っている

加えて、ここ数年の
仕事で使っている刃物の入れ替えによる
鉋や小刀など刃物についての様々な経験から
さらに深い確信を得ている

そのことを一口で言えば
「焼入れと焼戻しの具合」ということになるでしょう
ですから「よき細工は、少し鈍き刀を使うといふ」というのは
細工(繊細な細かい木工作業)をするときの小刀は
鋼が柔らかめ、つまり焼戻し温度が高いものを使った
と言えるのではないでしょうか
そうした刃物の方が切れが軽く
コントロール性も優れているのです
妙観はそのことを知っていたともいえます

「少し鈍き」というのは焼戻しが多めになされている
つまり焼戻し温度が高かった、結果鋼は比較的柔らかく(鈍く)なっている
その方が小刀などは切れが軽く、削り肌も滑らかなのです
そのことを「刃が甘い」とも表現しますが
この当然のことが、刃物を実際に使ったり
より良い刃物を追求したことがない人には
なかなか理解できないでしょう
それ故、白洲正子氏は「鈍き刀」を
「あまり切れない刀」と理解してしまっています

小刀の切れ具合については、これまでの経験では
低い焼戻し温度(焼戻しが不十分=鋼が硬い)では切れが重く
焼戻し温度を上げると(鋼が比較的柔らかになる:甘めの刃)
切れが軽く、削りのコントロール性も良くなりました
このことは徒然草の一節
「よき細工は、少し鈍き刀を使うといふ」
ということを証明していることになります

ですから、白洲正子氏に助言をした意見
「その鋭い刀を何十年も研いで研いで研ぎぬいて
刃が極端に薄くなり、もはや用に立たなくなった頃
はじめてその真価が発揮される
兼好法師はそのことを「鈍き刀」と称した」
というのは、これは考え過ぎで
何故真価が発揮されるのか
また、どのように真価が発揮されるのか
説明もなされていません
文学的な魅力のある推察ではありますが
「妙観」が優れた木工家、あるいは彫刻家であったならば
刃物の焼入れ・焼戻しについての知識も
当然あっただろうと思われるのです
「妙観が刀はいたく立たず」
という書き振りもそのことを強調しているのではないでしょうか

付け加えておきますと
私など素人が焼戻しを行う際には
温度管理をして慎重にやりますが(参照
専門の鍛冶屋さんは、焼入れを行った後
すぐに火床の火にかざし、経験と勘で温度を見計らい
焼戻しを行うというのが一般的のようです(参照
この動画では、水をかけて焼戻し温度を見計らっています
この作業を見ると分かるように
火にかざして焼戻しをする際、刃物全体を
均一に同じ温度にするのは不可能なので
焼戻し温度を一定に確保した油で焼戻しをすることも
行われています(参照:22分30秒あたり)

さて、徒然草が書かれたのは鎌倉時代末ということになっていますが
この時代、どのように焼戻しが行われていたのかは
想像に難くありません
おそらく先に紹介した動画のように
鍛冶職人が経験と勘で行っていたものと思われます
ということは、刃物全体を均一に同じ温度にするのは
なかなか難しいことで
とくに繊細な作業に使う小刀や彫刻刀などは
相手が小さいだけに、ちょっとした加減で
刃先部分だけが高温になったりしやすい

これは私も経験がありますが
小刀を火で焙って全体を同じ温度にするのは
ほとんど不可能のように感じます
どうしても鋼が薄くなっている刃先部分が
先に高温になりがちで
ということは焼戻しの場合、高温になっている刃先の方が
硬度は低くなりがちなのです
つまり刃先の方が元の部分よりも鋼は柔らかいとうことになります
それをそうならないようにやるのが
腕の良い鍛冶屋さんということになるのでしょうが
小刀など小さなものではほとんど不可能だと思われるのです

ですから白洲正子氏が書いている
「その鋭い刀を何十年も研いで研いで研ぎぬいて
刃が極端に薄くなり、もはや用に立たなくなった頃
はじめてその真価が発揮される」  というのが
小刀の元の方が焼きが多く戻っていて柔らかくなっている
ということを言いたいのだったら
それは間違っているのではないか
と私は白洲氏に書き送ったのです


0 件のコメント: