2015年2月14日土曜日

関東産天然砥石 深沢青砥 赤沢仕上砥

 関東方面の天然砥石を調査していらっしゃるTさんから
近況報告を頂きました

今回は八溝山地の南部地域に行かれたそうです

まず行かれたのは、大泉砥の採掘地、堤上、大泉
堤上では最後まで商売をしておられたI氏宅を訪ね
貴重な最後の一本を見せてもらったということです


次に訪ねた大泉のT氏宅に保管されていた大泉砥


これは大泉砥の原石

その後、少し離れた栃木県深沢のN氏宅を訪ねたそうです
先々代は京都亀岡出身で、この地に良い砥石があると
聞いて採掘を始めたということです
家の裏山が荒内山ということから
「荒内砥」の名が付いたそうで
こういった話はたいへん貴重です
また、三谷と大泉で採れた砥石は性質が違うそうで
ここではNさんの他に下館の人も掘っていたということです
Nさんのところでは、山からレールで下ろし
家で電動鋸で加工、また佐渡や福島の砥石原石を
貨車で運んで、ここで加工し東京に販売していたそうです






そしてこちらは
旧七会村上赤沢の仕上げ砥石











ありがたいことに
これらの砥石を送って下さいました
以下、その試し研ぎの様子です
YouTubeに動画をUPしておりますので参照下さい

この動画は途中でカメラのバッテリーが消耗し
最後の部分が途中で切れてしまいました
お詫びいたします
動画で最初に使ったのは上の画像の左端の中砥
栃木県茂木町深沢産の青砥です




以前紹介した大泉砥とされる中砥によく似ています
おそらく同じ産地のものでしょう
ということは、左のものは大泉砥ではなく
深沢産青砥ということになりますか・・


研いだ感じや


研ぎ上がりもよく似ています
粒度はやや粗めですが(#600程度)砥目がよく揃っていて
ひどい針気もないので、優秀な中砥と言えます



動画で次に使った砥石は
上の画像の左から2番目の深沢産の中砥


これも同様のものです




研いだ感じや


研ぎ上がりも同様です



次に、これも深沢産ということですが
上の2丁とは質感、色あいが違います


画像では丹波産の青砥のようにも見えますが
質感は明らかに違い、粒度も粗く見えます


ところが研いでみると
見た目よりも緻密で


傷が浅く、鋼は研ぎ傷が見えないほどに研ぎ上がります
これには驚きました・・


次も同じ深沢砥ですが
これは研ぎ面が板目面になっているものです


柾目面の厚みがないので
このように板目を研ぎ面にした、ということです


動画では砥汁がほとんど出ていませんが
研ぎ応えはありました


以前紹介したことがありますが(参照
板目面の青砥も使い方によっては役に立つものです
柾目面のように研磨力はなくても
このように研ぎ傷が浅く
中研ぎの最終段階まで持っていくことが出来ます


これは埼玉県の滑川で採集されたものだそうです
以前紹介したものとはかなり違った色あいと質感です


青砥のように層状の粘板岩質ではなく
三河名倉砥のような凝灰岩質です


程よい硬さで反応も悪くはなく
心地よく研ぐことができますが
研磨力はあまり感じません


その分、研ぎ傷が浅いので
中研ぎの最終段階として使えそうです
鋼はピカリと光りかけています


最後に茨城県七会村上赤沢産の仕上砥石です

これはこちらで紹介している
明治十年に行われた「第一回内国勧業博覧会」に
出品された砥石の報告書に記載されているものです


残念ながらこのサンプルはガリガリの石質で
筋も硬いので


このように仕上砥とは言い難いものですが
上質のものもあったものと期待したいところです・・


こちらは上のものよりは良い状態ですが
部分的に風化の具合が違っていて
研ぐには難しいところがありました


できるだけ良い部分で研いだ状態ですが
粗い筋がやや目立ちます
これも上質のもので研いでみたいところですね

後日、3月19日
天然砥石尚さんが預かっていられる(参照YouTube動画)
上質のもの2丁を試させてもらいました
これは素晴しいもので
どちらも硬口ながら心地よく研ぐことができ
地・刃ともに鏡面に研ぎ上がりました

以上、貴重な関東産の天然砥石を紹介しました
これらの砥石を提供下さったTさんに
改めて御礼申し上げます

0 件のコメント: