2011年6月18日土曜日

不思議な符合 鹿と魚 鹿踊り

16日に紹介したムリヤ・ゴンド族の
鹿踊りの写真を掲載するにあたり
ブログのご本人に引用のお願いをした際
ご厚意で他の写真もお送り頂いたのですが
その内の1枚を見て おや?と思ったのです

この鹿踊りは、鹿狩りの様子を題材に
踊られるということで、場面は
「人々が鹿を崇める場面」
「神官らしき人物が狩猟を取り仕切る場面」
「狩人が弓矢で鹿を狙う場面」
などがあるということです

これは神官と思われる人物が持っている
石斧だということですが
これに刻まれている魚の形状にドキリとしたのです
これと同じ形状のものが
正倉院に収められているのです

これがそうです・・
正倉院には水晶・琥珀・犀角・瑠璃で
作られたものがあるということですが
これは瑠璃・ガラスで作られた
魚形の腰飾りです

そしてこれは犀角
サイの角で作られた腰飾り

これは琥珀の腰飾り

以上、正倉院展の図録から引用しました

この図録には水晶のものは紹介されておりませんが
正倉院が建てられた目的は、
東大寺を建立した聖武天皇の崩御後
后の光明皇后が遺品を東大寺に寄進し、
それを保管するためであったとされています。

ここで不思議な符合があるのですが、
光明皇后は鹿の胎内から生まれたという伝説があるのです。
奈良の春日大社と鹿は対になっているようなものですが、
これは春日の神が鹿に乗って鹿島から奈良へやって来た
という伝説が元となっているようです。
ということは、そこには中臣氏が浮かんでくることになり、
中臣氏の祖は天児屋根命とされていますから
卜部うらべということになります。
つまり光明皇后は鹿の肩甲骨を焼いて占う鹿卜を
専門にしていた氏族の出ということになるのです。 参照  参照
鹿の皮は古代では鑪たたらの鞴ふいごに使われていて、
製鉄には必要不可欠なものでした。
古代インドにはウーツ鉄を作り出した
優秀な産鉄民族がいたようですから
インドの鹿狩りの踊りは
そのことと関係があるように思われてなりません・・

私の故郷は博多湾の近くですが、その東端にある
志賀島(しかのしま)は鹿の島でもあり、その島にある志賀海神社には
奉納された鹿の角を保管しておく鹿角堂があります。
私が生まれ育った町の近辺は古代は
金属精錬あるいは鋳造の地でありました(参照)。

16日に鹿踊りの写真を紹介したのには訳があって、
この写真を見たとき、私は日本書紀の応神天皇の巻の一云の条に
記されている「角の付いた鹿革を着た人々が海に入っていた 云々・・」
という件を思い出したのです(参照)。
角がある人について記された箇所は他に
垂仁天皇巻の一云条にもあり、そのツヌガノアラシトという人物は
天日槍のこととされていますが、もし応神天皇の巻に記されている人々と
天日槍が同じ民族だとしたら・・と想像が膨らむのですが
なんと、古事記では応神天皇の母とされる
神功皇后は天日槍から六代目の子孫にあたるとしているのです

天日槍の時代は5世紀頃と思われますので、
古墳時代中期で畿内に大型の前方後円墳が造られた時代です。
天日槍集団は冶金、鍛冶、土木、木工、須恵器(高温で焼く焼物)など
当時の最先端の技術を持っていたようですが、
朝鮮半島の新羅からやってきたとされる民族が、
インドの習俗を持っているということになれば、話はややこしくなってきます。

0 件のコメント: