2011年7月15日金曜日

初弘鉋 三態


以前紹介した越後(新潟県)三条鉋の
初代・金井芳蔵の師にあたる
初代・初弘銘の寸六鉋1丁と
後代の鉋身2点を入手しました(参照


 画像左のものは初代・初弘の寸六
鋼は炭素鋼系と思われます
研いだ感じと刃返りの出方は
スウェーデン鋼のような感じです

中央は初代か二代と思われる寸八
鋼は炭素鋼系で
研いだ感触は玉鋼のような感じも受けます

そして右のものは二代と思われる寸八
入手した外栄金物の外山さんの話では
身の表に▲の刻印があるものは
鋼に安来鋼の青紙が使われているということです
確かに、グラインダーをかけて出た火花は
青紙のようでしたが、初代・金井と同様
現在のものと火花の出方が違うように感じられました


これは上の画像右端の二代・初弘です
裏押しをし、ベタ裏を透き直したものです




研いだ感触は初代・金井と同じような
鋼に独特の粘りを感じますが
研ぎ上げは意外と楽でした
これは先日紹介した中惣銘の青紙鋼と
同様の感じを受けました
切れ味がどう違うのか興味が湧くところですが
台に仕込むまでもう少しかかりますので
後日報告の予定です


 地鉄じがねのことは詳しくありませんが
顕著なゴマや縞は見られません


 こちらは上の画像中央の
初代か二代判然としないものですが(寸八)
研いだ感触は三点の内、最も鋼に強靭さを感じました
安来鋼の白紙としたら1号のような強靭さですが
火花の飛び方は玉鋼のようにも感じます
これも台仕込みを終えてから試し削りを行います






 地鉄には縞が確認できます


 さてこちらは初代・初弘の寸六です
これは以前の使用者の御方が
丁寧に裏出しを為されていたようで
糸裏が保たれていますので
裏押しのみ行いました

研いだ感じは鋼に強靭さのなかに粘りがあり
刃返りの出方はスウェーデン鋼によく似ています





地鉄は無地風です

この寸六は台に仕込まれているので
早速試し削りを行いましたが
切れは軽いものの削り肌に微細な筋が残ります
これは研ぎのせいかもしれませんので
研ぎ直してみます

参考までに上の三点の研ぎには
すべて同じ砥石を使いました
中研ぎ:シャプトン「刃の黒幕」#1000→
同じく#1500→三河中名倉
仕上研ぎ:中世中山間府・天井巣板(参照

結果は他の二点と合わせて後日報告します

6 件のコメント:

ゆうけん さんのコメント...

外栄金物の外山さんの名前が出てきましたね。
外山さんの掲示板では色々お世話になってます。

kiyond さんのコメント...

ゆうけん さん
コメントおおきにです。
外栄金物さんのHPに掲示板があったのですね・・
これまで気付きませんでした・・
反省・・

外山 さんのコメント...

田中さん、みなさんこんにちは

田中さんのことは、信秀と兄弟弟子の名刀作者の藤原清人と同名でいらっしゃることから、清人さんとお呼びしています。

鉋の試し使いの結果を楽しみにしています。

ゆうけんさんいつもありがとうございます。

匿名 さんのコメント...

「名人有似取二ツ酒呑銭無ト」(名人に似たるところ二つ有り、酒呑みと銭無しと)

明治3年に天皇に献刀されるほどの腕の持ち主 藤原清人の碑に書いてあります。
私の曽祖父の御刀と同じように、御大典祈念、と書かれてるのかもしれませんね。 

キヨンドさんも大酒のみなのかな~。
           源 信正

kiyond さんのコメント...

皆様コメントありがとうございます。
丹波のキヨンドは銭無し酒呑まず・・
代わりに砥石と鉋を呑んでおります・・

二つの初弘鉋身の台仕込みが思ったより早く終わったので
先ほどちょっと削ってみました。
途中報告をこれからUPします。

匿名 さんのコメント...

 島根県安来市に巨大な工場を構える日立金属が開発した新型工具鋼 SLD-MAGIC(S-MAGIC)は微量な有機物の表面吸着により、金属では不可能といわれていた自己潤滑性能を実現した。この有機物の種類は広範囲で生物系から鉱物油に至る広い範囲で駆動するトライボケミカル反応を誘導する合金設計となっている。潤滑機械の設計思想を根本から変える革命というものもある。
 このトライボケミカル反応にもノーベル物理学賞で有名になったグラフェン構造になるようになる機構らしいが応用化の速度にはインパクトがある。