2012年1月5日木曜日

丹波篠山雪景色 今朝の工房からの眺め


昨日の夕方からの急な雪で
あっという間の銀世界





2 件のコメント:

源信正 さんのコメント...

一面銀世界ですね。
長崎では、ちらほらで、積もることはありませんでした。
後白河天皇の絵巻は正月の様子とのことですが、その当時の気温は現在よりも低く、雪が積もってたと思われます。

雪かきをしたのかな?

戦国時代のきっかけは、気温低下により、農作物が減収し、領民の食料確保のために、隣国に攻め行ったと言われています。
温暖化の後には必ず冷温期がきます。
そのインターバルが10年なのか100年なのか、
100年としたら、もう少しで、冷温期になっていくはずです。
食物を海外に依存しているので、自給率を高まる必要がありますね。

kiyond さんのコメント...

そう言われてみると、年中行事絵巻や平家納経には雪景色の絵は見られませんね・・