2014年8月16日土曜日

中野武夫氏作 東郷鋼鉋を研ぐ


昨日紹介した中野武夫氏作(武則二代目)
東郷鋼寸三鉋(身幅55mm)

届いた状態は台も刃もほとんどすぐ使える状態まで
高い精度で仕上げられていました


自分の道具として仕立て直した状態
研ぎ動画をYouTubeにUPしております


届いた状態がよかったので
裏はほんの少し研ぎ直しただけで済みました



動画で最初に使った中砥
沼田砥として売られていたものですが
一見、備水赤虎砥に見えます
縞の状態、色あい、研ぎ感などよく観察すると
備水赤虎とは違うので、一応 沼田虎砥としておきますが
他に同様のものを見たことがないので確信は持てません


参考までに、これは一般的な沼田虎砥
縞が部分的に入っているものです
他に紹介したものはこちらを参照下さい


これは今戸虎砥
一般的な沼田砥の下の層だということです
このまた下の層が瓢箪沼田となるようです

このように沼田砥はどの層でも石質は緻密で
今回紹介したもののように気泡のようなものは見られません
販売されていたところでは
一般的な沼田砥とは違った場所で採掘されたもの
と説明されていました・・



さて閑話休題、最初の沼田虎砥に戻ります
硬口ですがよく反応し強い研磨力があります
粒度は#400程度


柔らかい地鉄じがねには粗く深い傷が付きますが
鋼には及ばず後の研ぎは楽に行えます




次に使ったのは福井県産浄教寺砥


よく反応し強い研磨力があります


粒度は#600程度で、砥目がよく揃っています
古来から刀剣研磨に使われてきたのがよく理解できます




中研ぎの最終段階として使った
先日紹介した
関東産と思われる青砥(参照下さい


文句なしの研ぎ上がりです




仕上砥ぎの中継ぎは
山口県産 杭名砥 黒蓮華巣板


たいへん研ぎ易く、心地よく研ぐことができます


地鉄にやや粗い傷が付きますが
鋼はピカリと光るほどに研ぎ上がります


この状態でも充分仕事で使えます
中継ぎとして文句なしです



最終仕上げは京都梅ヶ畑・木津山産の戸前を使いました
硬口ですが、木津山産独特の滑らかな研ぎ感で


硬い割にはよく反応します


地鉄の傷もほぼ消すことができます


これも文句なしの最終仕上砥です


刃先の拡大画像



2 件のコメント:

尚天然砥石 さんのコメント...

先日、虎砥を運良く入手しました(^^)
入手先は現地での入手なので間違いなしだと思います(^^)今度持って行きますので研ぎ比べしてみてくださいませm(_ _)m

田中清人 さんのコメント...

ありがとうございます。そちらのブログで紹介されているものですね。
沼田虎砥はこれまでいくつか入手しましたが
やはり同様のものでした。
今は1丁しか手許に残しておりませんが、
ブログに画像UPしました。
今回の沼田・虎砥を販売されていたところでは
通常の沼田砥とは違う場所で採掘されていたもの、と説明されていました。
http://gokitcyou-toukei.jp/shop/past/index.html